うえるかむとぅあんだぁぐらうんど

世の中わからないことだらけだ.少し確かなことは検証をしたことだけ

今日僕は年を取った。振り返りとこれからについて

今年も早いものでもう11月なんですね。

なんか年明けから今日まで一瞬だった気がします。

そんなこんなで年と取りました。

去年からの振り返り

  • 2015年11月〜12月
    • 【仕事】ソーシャルボタンを作っていた
  • 2016年1月
    • Smoocy開発開始
    • 【仕事】市場調査を行う
  • 2016年2月
    • Smoocyリリース
    • Twitter広告、Facebook広告にてSmoocyを宣伝する
    • 【仕事】市場調査結果を発表する
  • 2016年3月
  • 2016年4月
    • 住宅の購入を検討する
  • 2016年5月
    • 住宅を購入する
    • リフォームを検討する
    • 【仕事】新サービスをリリースする
    • 母が亡くなって15年になる
  • 2016年6月
    • リフォームを行う
  • 2016年7月
    • 引っ越しをする。
  • 2016年8月
    • サーバー代捻出のためコンバージョン(成果広告の成果)を目的としたサイトを運営し始める
      • DoubleClick for Publishersをさわりはじめる
    • 仕事で新たなサービスをリリースする。
    • 【仕事】広告系の仕事に着手
  • 2016年9月
    • 父が亡くなって16年になる
  • 2016年10月
    • 【仕事】新プロジェクトに着手

住宅購入について

ほとんど平凡な一年だった気もしますが、住宅の購入あたりはさすがに大きなイベントだったなぁと未だに思います。

家に関してはかなりノリで「そろそろ賃貸もなぁ」という何気ない休日の思いつきで不動産屋に行ってその日に購入申し込みしました。

まあ、多少取引に問題はありましたが、住宅には満足しているので35年頑張って働きます。

とはいっても仕事は好きなので、きっとすぐだと思いますが。(願望含む)

親について

それから、親が亡くなってもう15年程度というのもまとめてみると結構以外に時間の経過が早く感じます。

両親と過ごした期間よりもいつの間にか、両親がいない人生を過ごした期間のほうが長くなっていました。

亡くなっているとはいえ、マリオカートのタイムアタックのゴーストのように、私が覚えている範囲の両親が常に人生のライバルみたいなところに居て、常にそれを乗り越えようと考えている自分がいます。

今のところゴーストとは大きく引き離されていることもないかなといった感じで、結婚してからは親の偉大(心の寛大)さというをとても感じます。

これからについて

去年の職場の上長からのアドバイスにあったものですが、「人は誰かのまねをしてもうまくいかない、自分なりの戦い方で生き抜かなければならない」という趣旨の話をされたのですが、

今年になってやっと、自分なりの生き抜き方というのを確立できたかなと思います。

まだまだ未熟ではございますが、これからも適度にゴーストに追い抜かされないよう頑張っていこうと思います。