うえるかむとぅあんだぁぐらうんど

世の中わからないことだらけだ.少し確かなことは検証をしたことだけ

レンタルサーバーの中の人だった時の話

この記事はレンタルサーバー Advent Calendar 2015の6日目です。

Advent Calendar自体が初参加なので、不手際があったらすみません。

レンタルサーバーについて何でも。内容に縛りは有りません。

との事なので、技術ではないところも書いていこうと思います。

そんなこんなで昔共有レンタルサーバーの中の人(零細企業の代表)だった時のことを書いていこうと思います。

前半があるあるネタ後半がビジネス的な話です。

中の人あるあるトラブル集

急なアクセス急増!!

これはあるあるといえば、レンタルサーバーの中の人限らずあると思いますが、

中の人は利用者の皆様のコンテンツがヒットするたびに冷や汗をかきます。

とはいっても、必ずしもすべてが悪意がないトラフィックとは限らないので、こちらで出来る限りは尽くします。

例えば Apacheでの話をするのであれば

あとはiptables のhashlimitなどなど使えるものは使うスタンスで運用しておりました。

ちなみにですが、よくある設定をそのまま使うと旧来のチャットルームやブラウザゲーム系(ブラウザでの理リロードを頻繁に行うもの)では支障がでることが多く調整が難しかった覚えがあります。

さらにひどい時はIDCの上流でとめてもらうようお願いすることもありました。

スクリプトの暴走…そしてswap食いつぶし

悪意がない利用者の方でもミスで無限ルームのスクリプトがメモリをガシガシ持っていくということはままあります。(私もやったことがあります。

が、適切な対応が取れないとswapを食いつぶし、OOMKill発生しまくり最後はkernel panicでサーバーごと落ちるというのもなくはないです。

linux ユーザーへ適切なリソース制限と権限の制御を怠らないようにしたいですね。

震災の時サーバールームは

3.11は安否確認などでインターネットが大活躍だったかと思います。

私のところは幸い震災の影響をほぼうけておりませんでしたが、地震のあとサーバーからのアラートが止まらなくなりまして、これは何かまずいと思いリモートから何を試してもだめで、急いで自社サーバールームに向い、コンソールを叩くと動いている…。

まさかとpingをうつ…が経路が死んでいました。

バックアップ用回線に切替を行い復旧させて上流回線に問い合わせを行ったところ、サーバールーム設置箇所の一帯でファイバーの断線と思われる障害が起きているとのことでした。

その後も、計画停電(輪番停電)などあったかと思います。

当時ガソリンも入手が困難な状況であったため、発電機があろうとどうにもならない状態でした。

その時までは意外に自社サーバールームでどうにかなると思っていたのですが、無理でした。

そこからはIDCでの運用に切り替えていきました。

さすがに設備はしっかりしないとですね。バックアップ回線と発電機あっても大規模災害には手も足もでません。

ネットワーク構成を安易に変えられない!?

当時私どもは、届けで電気通信事業者(旧一般第二種電気通信事業者)であるため、届けているネットワーク構成図に変更があった場合は届け出が必要になる場合があります。

権利関係に気をつけよう

私は法律の専門家ではないので詳細については述べませんが、「プロバイダ責任制限法」というものがあり、利用者の皆様の公開しているコンテンツに何らかの問題があるときにそれをホスティングしている中の人が情報の開示請求を受けます。

原則としてこちらの連絡をもって利用者様へ情報の開示への可否を伺い対応となります。

※裁判所や警察など公的機関は除く

総務省の図解がわかやすいかと思います。

アダルトコンテンツはさらに気をつけよう

私が関わったレンタルサーバーはアダルトコンテンツ(実写不可)だったのですが、

利用者の皆様が全員利用規約を守っていただける平和な世界はなかなかできないわけで、

ある日警視庁のからよりメールが届き(いたずらなどではよくあることですが)メールヘッダを確認する限り本物のようなので、所轄の署の担当の方と電話でお話をして事実確認の後コンテンツを削除ということがありました。

アダルトコンテンツで削除という対応でどのようなものかお察しいたければと思います。

無料ホスティングサーバーの難しさ

無料ホスティングサーバーというのが原則として広告で収益を賄い運営を行うものですが、

これがなかなかに難しいというのはみなさんWebのサービスを何らか作っていればお分かりになるかと思います。

共有レンタルサーバーはある種カスタマーサポートや上に方にも書いた法的な対応など労働集約型な側面があって人的コストが高いです。

それを利用者の皆様のコンテンツにmod_layoutなどで広告を差し込んでどうにかするわけですが、私の経験では2008年くらいから広告単価がガクッと落ちた印象があります。

またちょうどその頃でしょうか。Adblockをはじめとする広告ブロックのアドオンが出回り始めたりと。

そうして利用者の皆様の最新コンテンツの掲載先が個人HPからブログになりそこからSNSへいってしまい。

もちろん、そちらは残っていただけるほど魅力的な部分がなかったということで私どもの責任ですが。

と言った感じで

以上となります。

全体的に技術の話をしようと思ったのですが、セキュリティなどの都合で話せないことも多く結構技術でないことに偏ってしまいました。

ちなみに今はふつうのWeb系のエンジニアとして働いております。

こちらも合わせてどうぞ : このブログのサーバーをAWSからConoHaへ変えた時のメモ