うえるかむとぅあんだぁぐらうんど

世の中わからないことだらけだ.少し確かなことは検証をしたことだけ

IIJmio(みおふぉん)へMNPしてみた。予想よりダウンタイムが短すぎる!

ここのところ携帯電話料金が高くてもう少し下げられないかな―と思いつつ、よく考えればSIMフリーのNexus5(SB)使ってた!ということでIIJmioへMNPしてみました。

結論から書くとMNPによる不通が発生した時間はおおよそ1時間ほどでした。

MNP申請から開通までの流れ

MNP転出番号取得

元のSIMカードがEMOBILE(現Y!mobile)なので、まずY!mobileでMNP転出番号を取得します。

My Y!mobileでも取れるようですが、私の場合旧EMOBILE契約だった為か「お電話で…」と表示されてしまい平日に窓口に電話することに。

いろいろと提案を頂きましたが、すでにiPhone6Sを買っているのでMNPで転出番号を頂きました。

みおふぉんでは転出番号の有効期間を入力するフォームもあるのでそちらも忘れずに聞くといいと思います。

※自分の場合はSMSでも番号が届きましたが…

みおふぉん申し込み

Webから申し込んでうえで取得したMNP番号を入力したりして、完了すると本人確認書類のアップロード先のログイン情報などを記載したメールがくるので、そちらに記載された通り入力していって本人確認書類をアップロードして完了でした。

とてもすぐに終わるので逆に不安になりましたけども翌日には本人確認完了のメールが届いておりました。

SIMカード発送メール

このメールが来た段階でSIMが止まると思っていたのですが、全然使えておりまして、どうなっているんだろうな―と思いつつも、Facebookとかで電話が繋がらない可能性があることを書いておいたりしておきました。

SIMカード到着からMNPでの開通まで

これが一番びっくりしたのですが、MNPの手続きが電話でできるんですね。

届いた新しいSIMカードの番号とMNPを申し込んだ電話で認証するとそこから30分ほどで旧回線(Y!mobile)が使えなくなり、そこから一時間ほどでみおふぉんが開通しました。

なので、ダウンタイムとしては想定していたよりもかなり短いです。

プランとかどうしたか

プランはファミリーシェアにしました。

というのも妻の携帯電話代のほうがかさんでおり(契約時のプラン的に仕方なく)ランニングコスト下げようという話から今回のみおふぉんへのMNPに至ったので。

ただ、ファミリーシェアプランであっても同一名義でないとMNPができないようなので事前に名義変更を行わないとダメそうです。

他社から家族まとめてのりかえる場合

家族全員が他社をお使いで、さらに名義が異なる場合、ご利用名義を“全て同じ名義”に変更してください。ご利用名義が異なったまま、乗り換え用の“予約番号”を発行した場合、IIJmioファミリーシェアプランへまとめて乗り換えることができません。

1回線はすでにファミリーシェアプランで”みおふぉん”をご利用中、他の家族が乗り換える場合

すでに、”みおふぉん”をご利用のご家族がいる場合は、他社をご利用中のご家族の名義を”みおふぉん”ご利用のご家族と同じ名義に変更してから”予約番号”を発行してください。その後、「SIMカードの追加」として、乗り換えのお申し込みを行ってください。

引用元:https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/family.jsp

以上、そんなこんなでMNP完了しました。

ちなみにこちらのリンクより申し込みいただくと、2ヶ月間通信容量が10%増えます。

そして私は500円得します!